« VIN GORDON - WHERE IS THE LOVE | トップページ | HARRIO PHUNNIHGALE - MIND BLOWING DECISIONS »

LEONARD CHIN - WHAT MORE CAN I SAY

Leonard

1982年 SANITY RECORDS - 12"

おそらく"Leonard Chin"がSANTIC以降に作ったレーベルだろう。

時代に合わせたのか、SANITY RECORDSからリリースされたレコードは、グランド・ビートを意識した作りになってます。グランド・ビートやUKソウルにクロスオーバーしてDJするのに凄く便利なレーベルです。

SANITYから6番目にリリースされてる"La Famille Feat. CARON WHEELER - All Night Long"はR&Bやグランド・ビート、UKソウルを意識したレゲエカバーなのに、R&Bやグランド・ビート、UKソウルのDJはまった くレゲエを意識しないでDJプレイします。そして、そんなDJ達はボーカルで参加したCARON WHEELERのレゲエ期(BROWN SUGAR)での活躍を知らないんですよ!! (コレホントです!)

SANITY RECORDS(Leonard Chin)がレゲエの枠をはずし、上手い具合にグランド・ビート、UKソウルに移行した珍しいレーベル(プロデューサー)です。

------------------

SIDE A
LEONARD CHIN FEAT. ALAN WEEKS - WHAT MORE CAN I SAY

SIDE B
LEONARD CHIN FEAT. ALAN WEEKS - WHAT MORE CAN I SAY PT.2


PRODUCED: LEONARD CHIN







 

|

« VIN GORDON - WHERE IS THE LOVE | トップページ | HARRIO PHUNNIHGALE - MIND BLOWING DECISIONS »