« EDDIE LOVETT - SHINING STAR | トップページ | TYRONE TAYLOR - CAN'T STOP RASTA NOW »

JANET KAY - LOVING YOU

Janet

1978年 PYE RECORDS - 12"

今になっては有名なバード ホイッスル・バージョンの12"です。
12"よりも7"の方が更に鳥声がデカイって話だけどホントですか?

ALL TONE盤とは始まり方やDUBの接続なども違います。鳥声がデカイくてちょっと使いづらいけど、PYE盤の方はイントロが静かに始まらない分DJ的に使 いやすいです。ちなみにB面はDEE JAYカットではなく、A面と同じでLOVING YOUを収録。つまり、DEE JAYカットが収録されて無いので必然的にALL TONE盤も買う事になるはずです。

オマケ的にPYE盤で「おっ!!」って思うのはDUBの最後(6分20秒)辺りにアルトン・エリスっぽい声がなんか言ってます。アルトン・エリスじゃないかもだけどね。

7インチ、12インチ両方含めると色々なレーベルから出ててるけど、どのLOVING YOUがオリジナルテイクなんだろうか?? PYEは再録かな?

ALL TONE盤とPYE盤の比較を下の試聴で検証してね♪

------------------

SIDE A
JANET KAY - LOVING YOU // LOVING YOU DUB

SIDE B
JANET KAY - LOVING YOU // LOVING YOU DUB




PRODUCED: ALTON ELLIS







 

|

« EDDIE LOVETT - SHINING STAR | トップページ | TYRONE TAYLOR - CAN'T STOP RASTA NOW »