VALERIE LLOYD - DON'T STOP - DO THE REGGAE

Valerie_lloyd_dont_stop_do_the_regg

19XX年 ART & CRAFT - 12"

JOE GIBBS盤のカバーがわりかし有名なマイケル・ジャクソンの名曲です。原曲よりもBPM遅めの重心低めのレゲエ・ビートにやられます。JOE GIBBS盤は後半がDEE JAYだけど、このART & CRAFT盤は後半DUBになります。JOE GIBBS盤、ART & CRAFT盤、両方最高なので是非手に入れてほしい2枚。

------------------

SIDE A
VALERIE LLOYD - DON'T STOP - DO THE REGGAE

SIDE B
VERSION

PRODUCED: S. DOUGLAS







 

|

HARRIO PHUNNIHGALE - MIND BLOWING DECISIONS

Harrio_phunnihgale_mind_blowing_dec

19XX年 BLANK - 12"

沢山のレゲエカバーがある1978年「Heatwave」の名曲カバー。
その沢山あるカバーの中でも、フィメール・ボーカルのオシャレなうち込みスタイルのカバーは珍しい。レーベルブランクでどのレーベルから出てるのかは不明。ちなみにMATRIXはGT-031です。GTって何処のレーベル

------------------

SIDE A
HARRIO PHUNNIHGALE - MIND BLOWING DECISIONS

SIDE B
HARRIO PHUNNIHGALE - MIND BLOWING DECISIONS DUB

PRODUCED: ??







 

|

LEONARD CHIN - WHAT MORE CAN I SAY

Leonard

1982年 SANITY RECORDS - 12"

おそらく"Leonard Chin"がSANTIC以降に作ったレーベルだろう。

時代に合わせたのか、SANITY RECORDSからリリースされたレコードは、グランド・ビートを意識した作りになってます。グランド・ビートやUKソウルにクロスオーバーしてDJするのに凄く便利なレーベルです。

SANITYから6番目にリリースされてる"La Famille Feat. CARON WHEELER - All Night Long"はR&Bやグランド・ビート、UKソウルを意識したレゲエカバーなのに、R&Bやグランド・ビート、UKソウルのDJはまった くレゲエを意識しないでDJプレイします。そして、そんなDJ達はボーカルで参加したCARON WHEELERのレゲエ期(BROWN SUGAR)での活躍を知らないんですよ!! (コレホントです!)

SANITY RECORDS(Leonard Chin)がレゲエの枠をはずし、上手い具合にグランド・ビート、UKソウルに移行した珍しいレーベル(プロデューサー)です。

------------------

SIDE A
LEONARD CHIN FEAT. ALAN WEEKS - WHAT MORE CAN I SAY

SIDE B
LEONARD CHIN FEAT. ALAN WEEKS - WHAT MORE CAN I SAY PT.2


PRODUCED: LEONARD CHIN







 

|

VIN GORDON - WHERE IS THE LOVE

Vin

1981年 P&C - 12"

謎なレーベルP&Cからプロモ盤です。

VIN GORDONは最高のレゲエ・トロンボーン奏者です。数々の名盤、名曲に参加。そして、VIN GORDON自身もクラッシックな曲を何曲も残してます。

クラッシックな曲には埋もれちゃってるけど、この12"は珍盤でVIN GORDONが歌っちゃってます? ホントに歌ってるのかどうかは、クレジットが分からないので詳細不明だけど、意外に歌うの上手いです。そして、やっぱりDUB(インスト)にトロンボーン が絡むB面がかなりいい味出してます。

------------------

SIDE A
VIN GORDON - WHERE IS THE LOVE

SIDE B
VIN GORDON - WHERE IS THE DUB


PRODUCED: VIN GORDON







 

|

PAULETTE MILLER - WOMAN IN LOVE

Paulette

19XX年 BURNING ROCKERS - 12"

あまり馴染みの無いアーティスト"PAULETTE MILLER"だけど、この曲当たりです!! WOMAN IN LOVEはCOOL NOTESのボーカル・デュオ(PINKY & PERKY)も歌う"Three Degrees"のカバーです。

PINKY & PERKYのカバーはラバーズマナー、COOL NOTES節な曲に対し、PAULETTE MILLERのカバーはステッパーリズムに、ピュンピュン音がやたらに入り乱れるのが特徴。そして、後半のDUBになるとやたらダブワイズされたピュン ピュン音が刺激的です。
B面のダブも聴き逃せないですよ♪

この曲をJUNIOR ENGLISHがプロデュースに関わってるのには驚きです。JUNIOR ENGLISHって才能あったんだなぁ〜。今は何やってるのかな?しっかり何処かで歌ってるかな?

------------------

SIDE A
PAULETTE MILLER - WOMAN IN LOVE

SIDE B
DAN ALLSTARS - IN LOVE DUB

PRODUCED: THE DREAD/JUNIOR ENGLISH







 

|

SHEILA HYLTON - WHAT CHA GONNA DO

Sheila_2

1980年 JAY WAX - 12"

77年発売の"STEPHANIE MILLS/WHATCHA GONNA DO WITH MY LOVIN"の名曲をうれしすぎるシェイラ・ヒルトンボーカルでカバー。

レゲエビートにこの曲はハマると思ってたから、コレを見つけた時は、正直ビックリしました!! 「え〜〜!? あるんだぁ!!」 って声でちゃったしね。原曲が有名でもこの曲を毛嫌いする人はあまりいないでしょう。

B面のポリス カバーがヒットしISLANDやMANGOで再プレスされてます。再プレスのISLANDやMANGOでは、WHAT CHA GONNA DOは何故か収録されて無く、別曲がB面に収録されています。多分、カバーのライセンス関係でもめたとか? 大手レーベルの勝手な意向で収録曲を変えたか? どっちにしろジャマイカプレスのJAYWAX盤でしか聴く事が出来ない、かっこいいのに聴けないレアなレコードです。

------------------

SIDE A
SHEILA HYLTON - WHAT CHA GONNA DO

SIDE B
SHEILA HYLTON - THE BED TOO BIG WITHOUT YOU

PRODUCED: HARRY J.








|

BETTY PAGETT - TONIGHT IS THE NIGHT

Betty

19XX年 GOOD STUFF - 12"

彼女が出しているアルバムは300ドルを超 えるレア盤(今回レコメンする12"の両面収録)で、レゲエ曲よりソウルやファンクの曲はマジでかっこいいです。

アルバムは高いのに、この12"はレゲエだからなのか非常に安いです。
レゲエの人には知られてないから安いのか?
ファンク好きはレゲエが嫌いなのか? は謎だけど・・・・安いにこした事無し!!!!

A面のベティ・ライトのカバー"TONIGHT IS THE NIGHT"、B面のアルトン・エリスのカバー"NEVER NEVER NEVER"をこんなに渋い声で歌う女性歌手はいないのになぁ〜〜。

------------------

SIDE A
BETTY PAGETT - TONIGHT IS THE NIGHT

SIDE B
BETTY PAGETT - NEVER NEVER NEVER

PRODUCED: ALTY EAST







 

|

VIVIAN JONES & PIECES - MY BABY DON'T CARE

Piaces

19XX年 ROSIE RECORDS - 12"

色々なジャンルに愛されてるニーナ・シモン名曲カバーです。
曲が曲だけにUKラバーズな仕上げが好きです。

この曲を12"カットしてるレゲエカバーは以外に無いです。

------------------

SIDE A
VIVIAN JONES & PIECES - MY BABY DON'T CARE

SIDE B
PIECES - MY BABY DON'T CARE (INSTRUMENTAL)


PRODUCED: VIVIAN JONES







|

TEDDY LINCOLN - DON'T PLAY WITH FIRE

Teddy

19XX年 SELENA - 12"

SELENAレーベルはラバーズレーベルで認知してる人よりも、ルーツ・ロックのキラーな曲がいくつも有り、ルーツ・ロックのレーベルとしてみてる人の方が多いだろう。
キラーなルーツロックの曲の隙間で、DENNIS BOVELLがエンジニアとして参加したメロウ・ラバーズの名曲が存在します。この名曲ただの名曲に終わらせないのが仕事人DENNIS BOVELLです。DENNIS BOVELLがラバーズの曲でDUB MIXした曲の中でもキレ度は半端ない!!!!! 後半に繋がるダブのキレ具合はさすがとしか言いようが無い。

DUBも含めて至極な名曲。

そして、ついついA面が凄過ぎて、B面を見落としがちな1枚でもあります。
B面はKEITH BARROWの名曲をコレまた甘甘で仕上げてくれていて、
両A面のありがたい1枚でも有ります。

------------------

SIDE A
TEDDY LINCOLN - DON'T PLAY WITH FIRE

SIDE B
TEDDY LINCOLN - YOU KNOW YOU WANT TO BE LOVED


PRODUCED: ERROL BROWN







|

COOL NOTES - BILLY THE KID

Coolnotes_2

19XX年 JAMA - 12"

A面はいい曲とは言えない曲なのに、
JAMAレーベルで後にPINKYがセルフカバーしてます。

B面がいいです!!!
個人的にCOOL NOTESの曲でランキングを付けるなら、MY TUNE, MY TUNE(REMIX)と同じ位か、ちょい上ぐらいの位置づけしちゃいます。
メロ、ステッパーなリズム、ボーカル三拍子揃ってる踊れるラバーズロック!!!! LOVE & UNITY/CAN'T LET YOU GOの次にこの曲を持って来るのが自分の中ではお決まりです。

------------------

SIDE A
COOL NOTES - BILLY THE KID

SIDE B
COOL NOTES - KIDNAP MY BABY


PRODUCED: COOL NOTES







|

その他のカテゴリー

 ・001-010  ・011-020  ・021-030  ・031-040  ・041-050  ・051-060  ・061-070  ・071-080  ・081-090  ・091-100  ・101-110  ・111-120  ・121-130  ・131-140  ・141-150  ・151-160  ・161-170  ・171-180  ・181-190  ・191-200  ・201-210  ・211-220  ・221-230  ・231-240  ・241-250  ・251-260  ・261-270  ・271-280  ・281-290  ・291-300  ・A  ・B  ・C  ・D  ・E  ・F  ・G  ・H  ・I  ・J  ・K  ・L  ・M  ・N  ・O  ・P  ・R  ・S  ・T  ・U  ・V  ・V.A  ・W  ・X  ・・AMBASSADOR  ・・ARAWAK  ・・BB RECORDS  ・・BUSHAYS  ・・CASTRO BROWN  ・・CB  ・・CHA CHA  ・・CITY BOY  ・・COOL ROCKERS  ・・D-ROY  ・・DISCOTEX RECORDS  ・・DOUBLE-D  ・・FIRM RECORDS  ・・FREEDOM SOUNDS  ・・GERMAIN  ・・GROOVE & A QUARTER  ・・GULL_  ・・HARRY J  ・・HAWK RECORDS  ・・HAWKEYE  ・・ITAL  ・・JAYWAX  ・・JOE GIBBS  ・・LEVEL VIBES RECORDS  ・・LIVE&LOVE  ・・MASS MEDIA MUSIC  ・・NATURE RECORDS  ・・NEVILLE KING  ・・PARADISE  ・・REAL WAX RECORDS  ・・REGAL RECORDS  ・・S&G  ・・SEAVIEW  ・・SIR GEORGE  ・・SS MUSIC  ・・STARLIGHT MUSIC  ・・STARTRACK  ・・STUDIO 16  ・・TCD  ・・TIM RECORDS  ・・VENTURE  ・・VISTA SOUNDS  ・・WORLD INTERNATIONAL RECORDS